CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
観る
 初めて見る指導者がおられる。
何んとこの書道スクールの大御所だそうだ。
この方は各々の生徒が選んだ和歌を見て忽ち
さらさらと書き始めた。
多数の生徒の選んだ歌を、1句の人のも2句の人のも
流れる様に筆が動く
留ることなくである。
自分の番で彼の先生は、いい歌ですねと一言、
山岡鉄舟の歌を力強い筆勢で書き上げる。
イヤ、お見事。
歌を観て、筆が動くのだ。


| 日記 | 13:05 | comments(4) | trackbacks(78) |
選歌
和歌を選んだ
著作権が及ばないもの、山岡鉄舟を2首選ぶ

晴れて良し 曇りても良し不二の山
      天の姿は変らざりけり

我が禁酒 衣の袖が破れたり
      さしてください ついでください

これを、どの様に書いてみるか
指導の先生がこの歌をみて見本を書いて
貰えるそうである  楽しみである


| 日記 | 12:39 | comments(1) | trackbacks(0) |
著作権
来週のスクールは和歌を書くので、自分で書く和歌を予め選んでおくようにとのこと。
但し 、近代和歌は著作権に触れて、お金をとられるので万葉書等の和歌にして欲しいと。
おかしい。
和歌を書く事は、勿論、営利目的ではなく、詩歌を発表する機会でなく書を発表するだけで、
内々でやるもので外部に発する訳でもないのに。
だいたい和歌なぞ興味ないのに困惑気味だ。
 
| 日記 | 10:29 | comments(0) | trackbacks(5) |
忙しいのだ
兎に角、秋は忙しい。
○○の秋というが、何しろ土・日は全て用で埋まっている。
好きなゴルフも行けない。尤も、ゴルフも、シーズン真最中であるのだが。
土曜日の書道教室に暫く振りに行った。
何か別世界の様に思える。
集中する迄時間が掛かる。
早く基礎を修得せねばと焦る気持が乱れた字となる。
そういえば写経も最近ついぞ書いてない。
この日記も久し振りの様な気がする。
 
| 日記 | 16:57 | comments(0) | trackbacks(2) |
神田古本祭
書道に関する本は、専門書並に高価で定価で買うには躊躇する。
神保町で毎年行われている古本祭に行ってみた。
すごい人並にびっくりした。
それらの人々の風体が、いつもの景色と異うのに気がつく。
ネクタイにダークスーツのサラリーマンが少いのである。
年寄りがやけに多い。又、インテリ、学者風な人達と
いうのだろうか、探し当てた本に惜気もなく万札を支払う。
その光景、今日の株安、不況の時、異様である。
自分も、目当の本をみつける。いや、この乱雑に並らべられた
本の中から探し出すのは容易な事でない。
現代書道全集、毛筆書写事典、篆刻のすゝめ、
定価で締めて17,400円、これを、4,200円で買う。
何か得した気がした。
 
| 日記 | 15:56 | comments(0) | trackbacks(2) |
モチベーション 2
私の履歴書名簿録の中で 名誉棋聖藤沢秀行の項で
心に打つ言葉に出会う。“無悟” 「悟りなし」である。
“しゅうこう”さんが、ある試合で、勝ち方がわからなく
なった時、碁そのものを自分がわかっていないと
いうことに気ずいた。そして終生 自分に碁はわからないと
思い至った。わからないなら、これまでの経験を生かして
戦うしかないと考えた。
…生涯、おれは悟りの境地には到達できっこない。
悟れないなら、悟れないまゝ精進をつづけるしかないと
思った…
碁を多少でも知っている人なら “しゅうこう”さんを
ご存知であろう。あの秀行さんでこの言葉である
気に入った
書きたくなった。手本なしで、自分なりで筆を走らした。
数枚書いた。2枚だけ残した。
名語に出会うと書きたくなる。 初体験だ。 
    
                      
| 日記 | 14:36 | comments(0) | trackbacks(4) |
モチベーション
60の手習いは、この歳となっての足らないものを
素養として補うべく習字を始めたものゝ
習字スクールが長い休みとなると
筆を取ろうとする気力が薄れる。
書いた物を発表するとか、何等かの書の免状を
とろうとかの目的が無いからであろう。
でも、写経だけは気がつくと書き始めている。
 
| 日記 | 16:32 | comments(0) | trackbacks(1) |
休講
 私が通うカルチャースクールは毎日書道展の系統らしい。
自分の都合で2週休み、1回受講したら
翌週より2週間、講師の方の都合で休講との事、
秋の展覧会・発表会等ご多忙との事、秋は
文化、スポーツ、食欲等々○○の秋である。
春はスタート、秋は結果発表のシーズンなのである。
ビギナーに付合っている程、暇じゃない。
そう、私も忙しい。2回休講は私にとってもありがたい。
| 日記 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(2) |
無題
所用があって、二週もカルチャースクールを休む。
その間、暇を作っては自習をする。
写経も溜まってきた。
昔はお寺に納めたそうだ。
今は消防法で禁止されている。
お彼岸の墓参りに墓前で線香に火をつけるため、
燃やそうと考えた。
23日、墓参りに行った。
途中で写経の束を忘れている事に気がついた。
 
| 日記 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(3) |
筆の寿命 その2
 
小筆の寿命との診断はどうも誤りのようだ。
その時、墨と筆との馴じみが悪かった事もあった様に思う。
女房殿の情報によれば、小筆の洗い方が悪かったのではないかとの事だ。
今日は確かに普通に書ける。書く事は出来る。
だが、途中で字を書き直して紙を2枚無駄にした。
どうも精神統一がなされてない。
筆でない。自分の問題だ。
| 日記 | 12:22 | comments(0) | trackbacks(1) |
| 1/25PAGES | >>